2018年08月20日

閉鎖的でおらが発想で衰退の山梨県とその体質

閉鎖的でヘンテコ発想の山梨県とその体質

公私ともに、山梨県 北杜市、韮崎市、笛吹市、甲府市などなどぽつぽつ行くのだが、、
正直若い人は住みづらい地域だと思う。
訳のわからん地域制度や古い風習があって、若い人はホントに住みづらいと思うな。

イオンができた昭和町や南アルプス市の方はにぎわってて、若い人も多いが、
国道20号から北側は終わってる。
町も商店街も廃墟っぽくなってて、もう生産性がある感じがしない。

リニアとおるけど。まぁ活用できないだろうな。。。

あと、ここに物件もつと、県民でも市民でもないのに、これらの地域に固定資産を持っていると市民税がとられるよ。
たとえ貸してても、一回も行かなくても。
市民税?なんかおかしいよね。。。
別荘買う人、物件買うときは注意だね。興味ある人は調べてみて。

ほんと、がんじがらめの地域制度や古い風習があって、めんどくさい。
何か意見あるなら言ってみてと言われ、言ったら、そんなんだめだ。何だそれは。ばかりで、
話が通じない人が年寄りには多いらしい。山梨出身の若い人がぼやいてた。
Welcome東京、神奈川!

posted by みんとに at 19:58| Comment(0) | 日記