2019年07月18日

HP MicroServer (Gen7) BIOS mod とHDD 5台搭載

HP ProLiant MicroServer N54l/N40L/N36L BIOS modification guide – Allow Hot-Plug SATA and 5th SATA port



matejrexo Offline
Junior Member
**
Hi guys.
Recently I opened the ROM file for my AMI BIOS upgrade (I have got an HP ProLiant Microserver with AMD RS785E chipset) via AMIBCP and found out that there is an option "Able to change freq" which is set to "hidden". There are also more hidden features. I would like to know if it is as simple as enabling that option and flashing BIOS with that modded ROM file, or are there any things which should I know first? Because I have got very limited options in BIOS now. The best would if any of you could pre-patch it for me (I attached the ROM file below) thanks
ーーー

camiloml Offline
Wifi Whitelist Section Moderator
******
Super Moderators
I think i unlocked almost all Smile

Give it a try.

http://bios-mods.com/BIOS/AMI/HP/o41072911mod.rar


Attached Files
.rar   o41072911mod.rar (Size: 646.73 KB / Downloads: 1,117)

Attached Files
.zip   ROM.zip (Size: 723.14 KB / Downloads: 950)





そののち、いろいろと有志によってテストされ、、、調整され、



Check out my new build based on latest BIOS (01/10/13). I tested it on my HP N54L and it works like a charm. It should resolve some incompatibility with latest version of Windows (8.1 and 2012 R2).

If you choose "Load Optimal Defaults" from BIOS it will enable on defaults some improvements:
  • Hot Swap HDD
  • SATA II (3.0GBps on all SATA ports)
  • ACPI v3.0

Enjoy!

Attached Files
.rom   O41100113.rom (Size: 2 MB / Downloads: 1,449)
.zip   SP64420.zip (Size: 2.44 MB / Downloads: 1,155)

Check out my new build based on latest BIOS (01/10/13). I tested it on my HP N54L and it works like a charm. It should resolve some incompatibility with latest version of Windows (8.1 and 2012 R2).

If you choose "Load Optimal Defaults" from BIOS it will enable on defaults some improvements:
  • Hot Swap HDD
  • SATA II (3.0GBps on all SATA ports)
  • ACPI v3.0

Enjoy!


Thank You very much! Successful installed Windows Server 2016 with disabled LAN and after enabling installed drivers. All works well!

↑ WinServer2016とかWin8 でLANが認識されるが使えないことにも対応している。すごいぞ!(SP66なんとかベースでBIOS改造したのだろうな)

とか思ってやってみたが、Win10でNIC認識が甘いのはかわらなかった。
で、ほか探すとこちらのページにいろいろ書いてある。
http://e-kuni.tokyo/2019/02/08/hp-proliant-microserver-n54l-n40l%E3%81%AEbios%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%87%E3%83%BC%E3%83%88/
BIOS: 2013.10.01 (A) (15 Nov 2013) SP64420.exe + ein Mod BIOS (Herkunft unbekannt)
うむ、欧米ではなくラテンのにおいがしますな。
で、そしてStepByStepのBIOSアップデート方法
http://www.nathanielperez.us/blog/hp-proliant-n40l-bios-modification-guide


HDD5台積むのはむずかしくない
FYI for the 5th HDD you will need:
  1. Male molex to SATA power adapter
  2. SATA cable
  3. 5.25 to 3.5 adapter bracket
  4. 4 screws (secure HDD to adapter bracket

じゃぁ6台は!?

How to build a 6 drive MicroServer


外部eSATAを使って内部に引き込む方法だそうです。eSATA-SATAケーブルだけで行けるので一番安上がり。
移設の拍子でゆるんだりしないように注意が必要です。

あとはPCIe のSATAカードを使うなりできそうですが、ケーブルの取り回しがキモになりそうです。

あとは、こんな感じで改造ですね。
冷却ファンまで増設してGreat!!

ケースTOPに2台積むのは決まりのようです。


ネクサス DoubleTwin HDDノイズリダクションマウンタを使うとぴったんこ。
これなら鉄板2枚と耐震パッドでもいいかな。


 




posted by みんとに at 20:25| Comment(0) | 日記

2019年07月05日

XigmaNAS でファイルサーバ

Synology, Buffalo, IO-DATA などのNAS RAID機はあるが
・M/Bやメモリなどハード交換、パワーアップしずらい。
・かゆいところに微妙に手の届かない機能の搭載、期待性能の割に高価。
・設定変更の不自由さ自由度が低い。自作バッチを走らせたい。
ということで、Prolient Micro Server N40L に FreeNAS / XigmaNAS / OpenMediaValut / またはLinux系OS などでNASを自作構成してみる

要件
Poolにためているデータは常時約10TB
うち定期的にArchiveバックアップが必要なもの約5TB
ZFSのボリュームを一旦構成してしまったら、データを保持したまま構成を変更することは今のところできない。
⇒データ堅牢性/運用可用性/パフォーマンスの各要件を考慮し、最初によく構成検討/運用検証すること。


構成検討
常時運用10TBのTank ⇒ 定期バックアップ用外付けHDD or NAS(3TB+3TB or 6TB)
WD30EZRZ, WD30EXRX, ST3000DM001 が何台か転がっているので、この 3TB HDD をベースに考えると、選択肢は
5x RaidZ
6x RaidZ2
の2択。

※RaidZ RaidZ2 の最適DISK台数について
RAID-Z1  should have 3, 5, or 9 disks in each vdev.
RAID-Z2 should have 4, 6, or 10 disks in each vdev.
RAID-Z3 should have 5, 7, or 11 disks in each vdev.

MicroServer Gen7 には、純正でDISKSlotx4+5.25Topベイに1、合計DISK5台搭載できる。なお、5.25Topベイに物理的に2台詰めるスペースはあるにはある。
案1)RearのeSATAやSATA PCIeカードにてSATA拡張し、DISK 6台でRaidZ2 を組む
案2)RearのeSATAやSATA PCIeカードにてSATA拡張し、DISK 5台でRaidZ1+HotSpare を組む
案3)カード等による特別な拡張なく DISK 5台でRaidZ2 を組む。(1TBたりないからx)
案4)カード等による特別な拡張なく DISK 5台でRaidZ を組む。

それぞれの故障率は、AFR=3%(※WD30EZRX のMTBF 300,000h = AFR 2.88%)として
RAID5、DISK5本の故障率 ⇒ 0.90%
RAID6、DISK5本の故障率 ⇒ 0.03%
RAID6、DISK6本の故障率 ⇒ 0.05%
RaidZ2はもうちょっと信頼性があるかと思った。
※WD30EZRX のMTBF 1,000,000h = AFR 0.87%


容量有効活用率は 4/5=80%, 2/3=66%

パフォーマンスは、5xHDD RaidZ  も 5xHDD RaidZ2 は一長一短


大いに迷う。。。理想はHDD 6台でRaidZ2だが
・カード追加、HDD増加に伴う部品点数の増加に伴う管理や故障端点の増加、消費電力の増加
・100回に1回だろうが2000回に1回だろうが、ダメなときはダメ。
・定型手順が効かないようなリカバリできないボリュームは頑張ってもできない。
・バックアップからの書き戻しが一番容易(RAID を過信せず、NTFS や exFAT だとPCからの読み出しも容易 )
・今後、容量拡張の必要があった場合 autoexpand することになるが、必要要求台数(案1)>(案2)となる。

ん〜。。。Disk5台でRaidZかな。
SATAカードが壊れたら2台いっぺんにFailするし。
故障時の復旧の際にワンミスもできないが。
Archiveや重要なものはHDDにバックアップしておく併用運用で。

HDDは論理仕様が同一で、程度よく型番がバラバラでよい ⇒ 同一メーカ同一型番だと癖や寿命が集中し全損しやすい。


導入時チェック項目

■障害時復旧訓練

故障はつきものなので、その際にあわてないように事前に訓練し手順を確認、記録しておく。

□disk1台が障害を起こした場合の復旧
 構成のDiskSlot2,3とか中ほどのどのDISKを抜く。
 違うDISKを刺しDegrade自動認識後、新規DISKを刺しRAIDが復旧できるか?を訓練する

□予備交換試験
 目的のDISKを明示的にdetachし、交換後、attach できるかを訓練する

□HotSpare
 既存の zpool にHotSpareを追加、削除してみる


■可用性試験


□AutoExpand
  HDDをすべて容量の大きなものに変えた際、

機能面


Samba 共有Dirか複数つくれるか



参考:
FreeNAS のディスクはどう構成すればいいか

NAS4Free HDD台数別 認識容量


posted by みんとに at 18:55| Comment(0) | 日記

2019年06月05日

CPU情報いろいろ

Core i以降のCPUで末尾についているアルファベットのまとめ
https://pssection9.com/archives/intel-cpu-alphabet-suffix-meaning.html

LGA1155 CPUとM/Bの選び方
https://www.sakura-pc.jp/pc/contents/hardware/cpu/lga1155.html

Core i7/i5/i3/Pentium/Celeron(LGA1155向け) S-spec一覧
https://www.kishiro.com/hardware/sspec_coreix_lga1155.html


http://webvizbench.com/

https://pcinformation.info/cpu/comparison-intel-mobile.html
Intel Core i7-620LM @ 2.00GHz /1949
Intel Core i5-2400S @ 2.50GHz /4982
Intel Core i3-3120M @ 2.50GHz /3222
Intel Core i5-3470S @ 2.90GHz /6370
Intel Core i5-3570S @ 3.10GHz /6746
Intel Core i3-2120 @ 3.30GHz /3929

Intel Core i5-540M @ 2.53GHz /2454
Intel Core i5-520M @ 2.40GHz /2370
Intel Core i5-480M @ 2.67GHz /2403
Intel Core i3-370M @ 2.40GHz /2014
Intel Core i3-330M @ 2.13GHz /1786

Intel Pentium G2020 @ 2.90GHz /2756

Intel Core2 Duo T8100 @ 2.10GHz /1296(829)
Intel Core2 Duo T7300 @ 2.00GHz /1192(710)
Intel Core2 Duo T7250 @ 2.00GHz /1115(711
Intel Core2 Duo E7400 @ 2.80GHz /1771
Intel Core2 Duo P8600 @ 2.40GHz /1535
Intel Pentium M 2.13GHz /505(639)
Intel Pentium M 1.60GHz /364(464)
Intel Celeron J1800 @ 2.41GHz / 1028(555
Intel Atom 330 @ 1.60GHz /587(253
Intel Atom N450 @ 1.66GHz /295(243
Intel Atom N270 @ 1.60GHz /270/238
Intel Atom D525 @ 1.80GHz /706(285

AMD E1-2500 APU /889


Intel HD Family 438
Intel UHD 630 1208
Intel UHD 610 778
Mobile Intel 965 Express
Mobile Intel 915GM/GMS/910GML Express 4
Mobile Intel 945 Express 5

B5220
https://www.passmark.com/baselines/V8/display.php?id=122458655978



M471B5673EH1-CH9 1.5 V
M471B2873FHS-CH9 1.5 / 1.35 V
M471B5773CHS-CH9 1.5 / 1.35 V
M471B5773CHS-CK0 1.5 V
M471B5673EH1-CH9 1.5 V

M2S2G64CB88B5N-CG 1.5V
posted by みんとに at 02:20| Comment(0) | 日記